セラミック 歯科医院 赤坂 西山デンタルオフィス

歯科医院 赤坂 西山デンタルオフィス

赤坂駅徒歩3分赤坂見附駅徒歩4分溜池山王駅徒歩5分永田町駅徒歩10分

トップページ最新のお知らせ診療方針診療内容医院案内ドクター紹介アクセス


セラミック






審美歯科


上の写真は、どの歯を治療しているかおわかりになりますか?

実は前歯6本をすべてセラミックにて修復したケースです。
「すべてセラミックで作った前歯」ということです。

当院では、自然美と機能美を追求した高水準のセラミック治療を提供いたします。



セラミック治療

お口の中に「銀」が入っていることをどのようにお感じになりますか?


日本では、歯科治療の材料の一つとして長年パラジウムという「銀合金」が使用されてきました。
したがって、「銀」を使って歯を治すことを当たり前のように感じてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、「銀」は基本的にからだと仲良くできる物質ではありません。
体質によっては、「銀」を用いた歯科治療が原因でアレルギーを引き起こしてしまったり、体調に支障を来たしてしまったりすることもあるのです。

そこで治療方法の選択肢として挙げられるのが、からだに優しい「セラミック治療」です。



セラミック治療とは

セラミックで作られた「つめもの」や「かぶせもの」を用いて行う治療を一般的に「セラミック治療」と呼びます。
セラミックは審美性(審美歯科:詳しくはこちら)に優れ、からだにもやさしい安心できる材料のため、現代の歯科治療における修復材料の中で最良なものと考えられています。
ただ、「セラミック治療」と一言で言っても、実は色々な種類の材料があり、治療方法も様々ですので、しっかりとした診査と診断のもと、その方の状態に合った治療方法を選択することが大切です。
またセラミック治療は高度な治療のため、歯科医師や歯科技工士の技術によって治療結果が大きく異なる治療です。安易な気持ちで治療を始めず、事前に担当医としっかり話し合ってから治療に入ることをお勧めします。

セラミック治療4



セラミックの利点

1. 高い審美性

歯科医師と歯科技工士の技術にもよりますが、セラミック治療は、天然のご自分の歯と見分けがつかないほどにキレイに治療することが可能です。

2. 清潔

セラミックはその表面性状(なめらかでツルツル)により細菌が付きにくく、金属より清潔な状態を保つことができます。

3. 二次う蝕になりにくい(ムシ歯が再発しにくい)

精密に加工されたセラミックは非常に高い精度で歯とフィットさせることができます。またセラミックの特性により、歯と一体化させるような接着を行うことができます。そのような理由から金属を用いた治療にくらべ、二次的なムシ歯になるリスクははるかに低く抑えられます。

4. 金属アレルギーの心配がない

セラミックは金属ではありませんので、金属アレルギーをお持ちの方にも安心して使える材料です。しかし、一般的にはセラミック治療に分類されている「メタルボンド(P.F.M.)」という被せ物は内面に金属を使用しています。金属アレルギーの回避を目的としてセラミック治療を受けられる方は、それを歯科医師に伝え、金属を使用していないタイプのものを選択してもらう必要があります。

5. 劣化しにくい

銀などの金属は経年的に劣化し、錆びて金属イオンが溶け出してしまいます。それが口腔内やからだに悪影響を与えることもあります。それに対しセラミックは基本的に劣化しない材料であるため、長期間にわたり安定した良い状態を保つことができます。治療材料の劣化による再治療は、確実に歯の寿命を短くしていきますので、できるだけ長持ちする治療方法を選択することはとても大切です。




セラミック治療における精密なステップ

セラミック治療は、
・ムシ歯に対する処置の仕方とその材料
・歯の削り方
・歯型を採る材料、
・咬み合わせを記録するための材料
・模型を作る材料
・歯を作る歯科技工士の技術レベルと技工料
・「つめもの」や「かぶせもの」の接着方法と材料
・咬み合わせの調整
など、あらゆるステップでの作業が保険治療とは異なり、より精密で高度なものになります。したがってトータル的なクオリティーを最高レベルに高めることができます。


一方、時折「セラミックが割れる」ということが欠点の一つとして挙げられることがありますが、一概に「割れる」=「欠点」というわけではありません。
金属のような強い材料を使用すれば、確かに「つめもの」や「かぶせもの」自体が割れることはあまりありません。しかし、材料が固すぎるために、逆に「歯が割れてしまう」ということが起こり得ます。その場合、最悪は抜歯に至ることもあります。
考え方や費用に対する感覚にもよりますが、「セラミックが割れる」ということをあまりネガティブに捉る必要はありません。また、セラミックの強度も以前に比べかなり高まってきています。

セラミック治療7



セラミックの種類

歯科治療に用いられるセラミックを大きく分けると「シリカ系セラミックス」と「酸化セラミックス」に分けられます。これらは光学的性質(見た目)、力学的性質(強さ)、接着様式(取れにくさ)に違いがあり、それぞれに利点があるため、一概にどちらが良いというわけではありません。
さらに、セラミックを加工して「詰め物」や「被せ物」を作る過程でも、CAD-CAM(機械加工)、プレス(圧縮加工)、レイヤリング(築盛)などの方法があり、様々な技術が用いられているため、「セラミック治療」という言葉が指す歯科治療は非常に広範囲にわたります。

セラミック治療9セラミック治療10



西山デンタルオフィスのセラミック治療

当院では、「現代歯科医療の最高レベル」のセラミック治療を提供いたします。
日本を代表するトップレベルのセラミスト「Ken Takahashi」とともに、日本屈指の技術をもった当院のドクターが、心を込めて誠心誠意、治療にあたります。
当院のセラミスト(歯科技工士):詳しくはこちら



当院のドクターはセラミック治療の技術において、歯科界で非常に高い評価を得ております。
Dr.西山英史:SJCD International Joint meeting Award 受賞 等
Dr.西山純加:SJCD Hirabayashi Award 受賞 等

セラミック治療13セラミック治療14


また、セラミック治療に関する執筆(著書・書籍:詳しくはこちら)も多数あり、技術習得を目指す歯科医師の指導(学術活動:詳しくはこちら)も行い、セラミック治療の技術継承に努めております。

セラミック治療16


当院では、「高い技術」と「豊富な知識」そして「数多くの臨床経験」に裏づけられた「高品質のセラミック治療」を提供いたします。




審美歯科TOPセラミックラミネートべニア歯ぐきの審美治療

審美歯科TOP
セラミック
ラミネートべニア
歯ぐきの審美治療

抜歯しない治療

歯を残す治療

一般歯科

高度総合歯科治療

審美歯科

セラミック

歯周病

インプラント

根管治療

歯のクリーニング

ホワイトニング

アンチエイジング

歯科用CT

マイクロスコープを使用した精密な治療