マイクロスコープを使用した治療 歯科医院 赤坂 西山デンタルオフィス

歯科医院 赤坂 西山デンタルオフィス

赤坂駅徒歩3分赤坂見附駅徒歩4分溜池山王駅徒歩5分永田町駅徒歩10分

トップページ最新のお知らせ医院案内コンセプト院内紹介診療内容ドクター紹介アクセス


マイクロスコープを使用した治療


マイクロスコープを用いた精密治療


■根管治療

■MI治療 (精密な虫歯治療)

■マイクロサージェリー
 ・インプラント
 ・歯周再生治療
 ・歯周形成外科治療




マイクロスコープとは?
人間の裸眼での二点識別域は0.2mmが限界と言われています。しかし、自由診療で行うような高度な治療においてはミクロン単位の正確さが要求されます。そのようなとき、手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用し、肉眼の3〜20倍に拡大した視野で治療を行うことで、より正確な作業が可能となり、治療のレベルを格段に向上させることができます。
マイクロスコープを使用することにより、歯科医師の“経験”や“勘”だけに頼ってきた治療では不可能だった高度なレベルの治療を行うことができるようになります。

マイクロスコープは、はじめ耳鼻科、眼科で使用されるようになり、1950年代に脳神経外科、その後産婦人科、心臓外科でも使用されるようになりました。1990年代には歯科でも有効性が認知されるようになりましたが、日本での普及はまだまだ一般的ではなく、現在でも、全国の歯科医院でマイクロスコープが設置されている医院は、いまだ2〜3%というのが現状です。
歯科でマイクロスコープを使用した治療が普及していない理由としては、機器が高価なことや、歯科領域におけるマイクロスコープの歴史がまだ浅く、教育の場が充実していないことなどがあげられます。また、精密なマイクロスコープを設置していても、それを使いこなせる知識と技術を歯科医師が身につけていなければ、精度の高い治療を提供することはできません。

当院では、あらゆる治療にマイクロスコープを使用し、より精密で高度な治療を患者様に提供するため、日々研鑽を積み、技術の向上に努めております。

また、マイクロスコープを用いた根管治療の正しい技術を広めるべく、歯科医師の講習会でインストラクターとして教育にも貢献しております。

マイクロスコープを用いた精密根管治療
根管治療(根の中の治療)は、マイクロスコープが最も必要とされる治療のひとつです。
歯の中にある根管は、非常に複雑で細かい形態をしているにもかかわらず、従来は、”手探り”で、手指の感覚だけを頼りに治療を行ってきました。
しかし、マイクロスコープを使用することにより、歯の内部を拡大視し、直接根管内を見ながら正確に治療が行うことが可能となるため、従来では考えられないような細部の治療も可能となり、治療のレベルを格段に向上させることができます。

マイクロスコープを用いた精密な虫歯治療
マイクロスコープを用いて虫歯の患部を高倍率で直接見ながら治療を行うことによって、より精密なMI(ミニマムインタベーション)治療を行うことが可能となります。すなわち、虫歯になった悪い所のみを削り取ることが可能となり、削る歯の量を最小限に抑えることができるようになります。また、虫歯で削った部分を封鎖していく段階でも、マイクロスコープや拡大眼鏡を使用することにより、目では確認できないようなわずかな段差(ギャップ)も見逃すことなく、より正確な充填(詰め物)を行うことが可能となります。
さらにこの正確な治療が、その後の虫歯再発予防に対しても大変重要となるのです。


抜歯しない治療

歯を残す治療

一般歯科

高度総合歯科治療

セラミック

きれいな歯

ラミネートべニア

歯周病

インプラント

根管治療

歯のクリーニング

ホワイトニング

歯科用CT

マイクロスコープを使用した精密な治療